相撲の人気低下

最近の大相撲は横綱の暴行問題が原因で人気が落ちています。人気の低下の原因が暴行問題といわれていますが、実際は土俵の外のしかも親方と相撲協会の対立が原因でしょう。相撲の世界は現役時代にどんなに優秀でも親方になれば、下っ端からのスタートになります。それは貴乃花親方も同じです。

貴乃花親方は現役時代は大横綱でしたが、親方になると下位からのスタートになります。当然、現役時代では番付が下位の人でも、親方になるのが早くて上位の役職になっていると貴乃花親方の上司になります。現役時代は実力でも親方になると実力以外のことが大いにパワーバランスに影響します。

現在の相撲の人気が落ちている原因は親方同士の確執がひとつの原因としてああります。どんなに現役力士ががんばっていてもニュースになるのは親方の確執です。世間の人はそれを見て面白いと思わないでしょう。

貴乃花親方の考える相撲協会もあるでしょうが、まずは、自分の考えばかりを他の人に押し付けるのではなく、自分の部屋をすばらしいものにして、他の力士からもリスペクトされるような部屋にして、すばらしい力士を輩出することが大切ではないのか、そうすることが自身の相撲に対する考えを他の親方に理解してもらえるベターな方法のひとつとなるでしょう。

最近のお気に入りフレーズ

最近、気に入っているフレーズが有ります。それは「切ったらいいよ」。

ここ何年かお片付けに凝っていて、自分の服や靴、子どもの服やおもちゃ、家電、台所用品、食器と不要なものをたくさん捨てまくり、だいぶスッキリした家で過ごしています。

家がスッキリしてくると、不思議なもので頭がとてもスッキリしてきました。判断が早くなり、行動へ移るまでの時間がかからなくなりました。例えを言うと、小学校からもらってくる子どものプリントの処理。出来ている人は前から出来ているだろうけど、渡されたその場で要るもの要らないものにジャッジ。要らないものはゴミ箱へ、裏が白いものはお絵かき用に決めた引き出しへ、提出物はその場で書いて、すぐにランドセルに入れさせます。

ちょっとした問題もすぐ解決。お気に入りフレーズが登場します。「紐の付いた菜箸が長すぎて使いずらい」となると「切ったらいいよ」でキッチンばさみで、がりがりと紐が付いたままサイズをカットする。切った面をごりごりすり合わせて痛くないようにしたら、あらま何とも使いやすい。

早くこうすればよかった、となる。そんな風にして、切ったもの、「額に端が収まらない子どもの表彰状」「アルバムに貼る写真」「ズボンのすそ」などなど。スッキリ解決しました。今まで切ったものの中で、一番良かったものは私の伸ばしていた髪。長い髪が好みだったのですが、量が多く、なかなかまとまらない。「切ったらいいよ」でばっさり切って、ふわふわパーマをかけると急に気分が軽くなり、春めいた気分になりました。

同棲してから一緒にゲームをしなくなりました。

私たちはよく携帯のゲームを二人でやっていました。

付き合い始める前から、二人でやっていてゲームをするために休日に会うことも結構ありました。

同棲したら、たくさん一緒にゲームが出来るねと言っていたのに、いざ同棲を始めてみると私は家事に追われ、一緒にゲームをするどころか私個人でもそのゲームをやらなくなりました。

先日そのことに関して彼氏に最近全然ゲームやらないねと言われました。

彼氏は私が食事の用意をしている間等にゲームをしていますが、私はゆっくりする時間がないのでゲームが出来ずにいることと、しばらくそのような生活をしていたので間が空き過ぎていてゲームに復帰しても楽しめないだろうと思い、やる気すらなくなっていることを伝えました。

また一緒にやろうよとは言ってくれたのですが、家のことをやるだけで精一杯で、ある程度手を抜けば少しくらいならゲームをやる時間を作ることも出来るのですが、節約をしたいので手間が掛かっても家事を優先したい気持ちがあり、前向きになれません。

誘ってくれるのはありがたいのですが、それならもう少し家のことを手伝って欲しいと思ってしまいます。

私が疲れているときに食事を作るのを手伝ってくれるだけでも助かるのですが、私が疲れてると分かるとすぐに外食に連れ出そうとするので節約している意味がないなと感じるときもあります。

なので今の私にはゲームをやるほどの余力がないので、一緒にゲームをするのは難しいなと思っています。

万引きについて

先日、大型ショッピングモールでの出来事です。

私はお買い得コーナーで、1個100円の箸置きを漁っていました。

斜め前にはおもちゃがあって、レゴブロックを1こ10円で売っていました。

透明の箱にぎっしり詰まっていて、その上にはレゴで作った棚にレゴで作ったテーブルや椅子が並べてありました。

私が箸置きを3つくらい決めて、レジに行こうと顔を上げた時、レゴの場所にいた少年の手が動きました。

すっとレゴのブロックをひとつ、ポケットに滑り込ませたのです。

そして周りをキョロキョロして、またひとつ手に取り、今度は横にいた3歳くらいの妹に

「これ、ポケットに入れろ!」

と渡していたのです。

妹は何だか訳が分かってないようで、にこにこしながらレゴをもとの位置に戻していました。

少年は私がじっと見ているのにも気づかずに、両親の元へ走っていきました。

本当は「やめなさい、そんなこと」と言えばよかったのですが、この時代何をされるかわかったもんじゃないので、黙って見ていました。

ちょうど悪いことに快感を覚える時期でもあると思うのですが、それを見逃す両親も何だかな~と思ってしまいました。

こういうのって帰ってからも自分の行動が正しかったのかどうか考えちゃいます。

コーヒー飲んで頭スッキリさせて来ようっと。

ひき肉でごはん

今日のお昼ご飯は簡単メニューにしました。

ひき肉を炒めたものと千切りキャベツのどんぶりです!

ひき肉は、砂糖と醤油、みりんで味付けをしました。

臭みなどを消すためにチューブのショウガを3cmくらい入れたので、体にもいいご飯が出来上がりました。

作る前に卵も茹でておいたので、最後にトッピングして、マヨネーズを適量かけて完成です!

今日はなんだか面倒だな、と思った時にいいですよ。

このレシピはネットで見たものに、自分のアレンジを加えました。

前日に安かったから購入したひき肉があってよかった!

300gくらい購入して、全て炒めました(笑)

結構余ったので、余った分は何か別の料理に使おうかなと思っています。

ごはんに混ぜるだけでも美味しいアクセントになりますよね。

あとは、卵と炒めるのも美味しいですよ。

すでに味付けしてあるから、大量に作ってストックしておくと良いかもしれませんね。

学生時代、一人暮らしをしていたときは、ひき肉を買っていっぱいストックしました。

肉うどんとか、焼きそばに入れたりして、結構助かりましたね。

ひき肉は苦学生の味方でもあります。

お味噌を入れれば、また違う印象にもなりますし、同じ料理でも全然違う印象になるのでおすすめです。

前髪カット失敗

前髪命なのって、高校生までだと思っていました。

けど年齢を重ねても、前髪を失敗するとへこみますね。

長年前髪を伸ばして横流しにしていたんですが、ちょっとイメージを変えたくて、少し前に美容室でまっすぐ下ろす前髪を作ってもらったんですね。

実は、そのときからちょっと100%満足はしていなかったんです。

保険をかけていたのでしょうが、目にかかるかかからないかレベルで、見た目がちょっともさっとしてしまって。

もう少し短くてもいいんだよな、と思って、家で切ったんです。

……

なんか違う…

次の日も家で微調整しました。

…まぁ、いいでしょう。

それ以降は微調整せず過ごしていましたが。

前髪って伸びるのが早いですよね。

またちょっとぼさっとしてきたので、微調整を超えて、調整を行いました。

……

美容師さん助けてください…(T_T)

これ何…?なんかもう変なことになった…(T_T)

私は中学生~高校生の頃、前髪は自分で切っていたんです。

思春期で多感な時期、前髪だけは自分でやらずには気が済まなくて。

最近はYouTubeでも前髪の切り方の動画を見られるので便利な世の中です。

久々に自分で前髪を切るので、YouTubeを見ながら切ってみたのですが、自分の髪質なんかも関係するので、動画通りにはいかず…

切って短くなってしまったものは美容師さんにもどうにもできないけど、ちょっとでもマシにしてほしい…

まあ、ちょっとアイメイクを強くして、個性的な女性みたいにするしかないか…

疲れているのか癒されたい

最近、精神的に疲れているのか更年期がきたのか…太ったからか身体がしんどい。

どうしてもしんどさが抜けません。運動不足もあるかと思いますが自分に甘い性格なのでしんどいことはしたくないのです。こたつでゴロゴロするのが一番の癒しかなと思ってしまう。そうすると余計にしんどくなる。悪循環だと気がついているのにやめられない。この自分に甘い性格をどうにかしなければいけないけど…甘いのです。しかも甘いものが大好きです。この疲れをとるには甘いものを食べればマシになるはずと暗示にかけて。ただ甘いものが食べたいだけなのですが。だから自分に甘いのです。わかっているのに直せない。

ネットを見ていると疲れをとるには、半身浴がいいという事を発見しました。

携帯を防水の袋に入れて準備します。湯船につかりながら携帯でゲームをしたり検索したり楽しんでいます。滝のような汗、体も芯から温まります。疲れがお湯の中に溶け出していくような感じがします。疲れも少しずつとれて、ほっこりしてきます。その時に動物の癒しの動画を見ます。こんな犬になりたいなとか、こんな猫が欲しいなとか思いながら。

ダブルで効果ありです。「疲れがとれる・癒し」半身浴は最高です。もちろん、携帯があるから長時間の半身浴ができるのですが。暑くなってきたら無理なので、他の方法も今のうちに考えておかないといけないと思っています。

結婚して夫が週末に始めた習い事

結婚してから夫は1つだけ習い事をはじめました。

我が家の男子は代々お囃子の笛をやる家系なのです。

私が結婚するまで我が家は女姉妹だったので後継が途絶えるのかな?と思われていましたが、夫が無事に引き継いでくれたので無事に後継ぎができました。

父が1人で教えると甘えがでてしまうという理由から、祖父のお弟子さん達も週末に集まって夫に教えてくれています。

多い時には夫1人に対してお師匠さんが3人という日もあり、どちらかというとお師匠さん達が笛を吹いて楽しんでいるだけでは?と思えるような日もありますが、結婚して6年。だいぶ成長してきたなと感心する日々です。

お師匠さん達の話では親子三代の笛士はいないそうです。太鼓の方が簡単ですからね。時々お囃子本体の練習で人が足りないと太鼓を叩きに行きますが確かに太鼓は普段やらない私でさえ叩けるので、普通にお囃子に参加したいだけなら太鼓を選ぶと思うので、なかなか笛を習得しようという人は少ないかもしれませんね。練習時間もかなりかかりますし。

お婿さんに入ってしまったとはいえ、音楽にあまり関心がなかった夫がわざわざ笛を習ってくれる事に本当は感謝をしなくてはいけませんね。

祖父の形見として私が受け継いでいた笛を夫にわたせて、ある意味祖父孝行できたのかな?と思っている日々です。