猫の医学書を発見しました。

みなさんこんにちわ。

気持ちの良い晴れの日が続きます。

春の連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は猫が大好きです。

このお休みはゆっくり出来たので、一緒に過ごして読書をしていました。

今回はその猫に関する本で研究です。

猫好きなら愛猫をなるべく健康で長生きさせたいはずですよね。

猫の医学書を見つけました。

これはもう飛び付いて、早速購入して家で読書とカフェタイム。

医学書があったなんてちょっとビックリです。

猫はマタタビが好きなので何の気なしにあげていましたが、その本によると長生きの秘訣にもなっていたそうす。

新しい発見ができました。

この本を読んでみて良かったですし、これからも役にたちそうです。

それから最近、本屋さんでは猫の漫画もブームのようです。

猫は暮らしのなかでおもしろい仕草をしてくれるし、感情もあります。

ですから日々一緒に過ごして愛情が絶えません。

一口に猫と言っても性格が様々です。

本などで他の家の猫と、自分の家の猫の性格の差に驚くこともしばしば。

確かに漫画のネタになりそうな事もたくさんやってくれます。

うちの猫はドアを開けるし、きちんとお手もするので賢い方だと思っています。

(親バカならぬ猫バカなのですが。)

ではまたね。

良く寝て長く生きて!

一緒に暮らしている猫、とにかくよく寝ます。

夜に私が寝ている時は同じベッドの上で少し距離を保ったままずっと寝ています。

(この少しの距離が猫には居心地が良いのでしょうね。)

日中も起こさなければずーっと寝ています。

起きるのはおなかが減った時くらいなのではないかな?と思うほどです。

ご飯を食べ終わるとまた寝場所を探してウロウロ…。

でも、猫の睡眠時間というのはそもそも人間の倍以上が理想的のようですね。

しかも良い睡眠というのが大事なんだとか。

危険がいっぱいの外で寝なくてはいけないノラ猫は安心して眠ることが少ないのであまり長生きはできないのだそうです。

飼い猫でも人間よりも野生の本能が残っているのでなかなかノンレム睡眠はとれないらしく、ずっと寝ているように見えて深い眠りについている時間は人間よりも少ないのです。

ついつい寝ている時の可愛い姿を見るとちょっかいを出したくなってしまうのですが、グッと堪えて気持ちよく寝させてあげます。

人間がちょっかいを出したりするとリラックスできずにせっかく寝ているのにストレスになってしまいますから。

人間の勝手でそんなことをして遊んでいてはオモチャにされる猫にとってはいい迷惑ですよね。

せっかく我が家の家族になったのですから、うんと良く寝てうんと長生きしてほしく思います。