子供の書道の硯や筆を洗うのは手間が掛かります

子供の学校の書道用具を自宅で洗うと、洗面台が墨液で真っ黒になって洗面台に墨液の汚れが付いて取れなくなります。だから、子供の書道用具を洗うのは私は洗面台が汚くなるから嫌いです。また、墨液の汚れで汚くなった洗面台は私は石鹸とスポンジでゴシゴシした後にお湯で流したりしますが、完璧に墨液の汚れは取れないので本当に困ります。

しかし、私が小学生の頃は学校の書道では墨液が禁止だったから、固形の墨を摩っていた為なのか、今よりも筆や硯が洗いやすかった気がしますし、固形の墨を摩るのは子供には大変時間が掛かるし大変な事だったので、墨を使い切るくらいの量しか摩らなかったので、使った後にいらない半紙で硯の墨を綺麗に拭き取った後に、濡れたティッシュで拭き取った後に乾いたティッシュで拭き取れば、自宅に帰った後も洗面台で洗っても洗面台を汚す事はなかったと思います。また、筆も同じで授業で使った後はいらない半紙で墨を拭き取った後に、学校の教室の水道で洗って書道専用の雑巾で良く拭けば自宅で洗うのも簡単だったのです。

しかし、今は学校では書道用具を洗うのはいけないみたいですし、子供に洗面台を汚されたくない私の様な親が子供の書道用具を洗ってしまうので、とにかく子供の書道用具は子供が自分で洗面台を汚さないで洗える状態になる様に考えないといけないと思います。