妹の仕事中に子供たちを預かった。

妹の子供たちが体調不良のため、妹の仕事中に子供たちを預かることになりました。4歳児の女の子は水疱瘡、0歳児の男の子は、突発性発疹。

うちの子供たちはもうはるか何年も前にかかったので、そういう病気もあったなぁ…という。幸いすごく機嫌が悪いとか体調悪そうということもなく、とっても元気でした。元気なだけに、外にお出かけ出来ないのが、ちょっと残念。まぁ、外はちょっと暑すぎるので、おうちでエアコンつけて涼んでいるのは快適ではありましたが。

とりあえず、妹のおうちに行って、洗い物やって洗濯物畳んで掃除してから子供たちと戯れてみました。働きながらの子育ては、家事をやるのも大変ですからね。こういう時でもないと、なかなかお手伝いしてあげられないので、ちょっと頑張ってみました。

初、子供の歯に虫歯を見つけた時のショック

昨夜は本当にショックなことが起きました。いつも夜の歯磨きの仕上げは私がやってあげてるんですが、昨日は念入りに膝の上に乗せてやってあげてたんです。ふと見ると奥歯に食べかすのような汚れがありました。ゴシゴシ磨いていると…汚れが取れてあとから出てきたのは大きな穴。もう大ショックです。まあ、あれだけお菓子が大好きな子だからいつかは出来ると思ってたけど…。実際に虫歯を見ると茫然としてしまいました。歯医者嫌いの子だから連れて行くだけでも本当に一苦労です。2か月前くらいにフッ素塗った時にチェックしてもらった時には何もなかったのに。

ようやく先週自分の歯医者通いが終わってホッとしていた矢先のことだったから子供が泣くまで叱ってしまいました(T_T)とにかく今日は幼稚園から帰ったらすぐに歯医者に引っ張って行こうと思ってます。願わくば一日で終わってほしいですね。

子供の書道の硯や筆を洗うのは手間が掛かります

子供の学校の書道用具を自宅で洗うと、洗面台が墨液で真っ黒になって洗面台に墨液の汚れが付いて取れなくなります。だから、子供の書道用具を洗うのは私は洗面台が汚くなるから嫌いです。また、墨液の汚れで汚くなった洗面台は私は石鹸とスポンジでゴシゴシした後にお湯で流したりしますが、完璧に墨液の汚れは取れないので本当に困ります。

しかし、私が小学生の頃は学校の書道では墨液が禁止だったから、固形の墨を摩っていた為なのか、今よりも筆や硯が洗いやすかった気がしますし、固形の墨を摩るのは子供には大変時間が掛かるし大変な事だったので、墨を使い切るくらいの量しか摩らなかったので、使った後にいらない半紙で硯の墨を綺麗に拭き取った後に、濡れたティッシュで拭き取った後に乾いたティッシュで拭き取れば、自宅に帰った後も洗面台で洗っても洗面台を汚す事はなかったと思います。また、筆も同じで授業で使った後はいらない半紙で墨を拭き取った後に、学校の教室の水道で洗って書道専用の雑巾で良く拭けば自宅で洗うのも簡単だったのです。

しかし、今は学校では書道用具を洗うのはいけないみたいですし、子供に洗面台を汚されたくない私の様な親が子供の書道用具を洗ってしまうので、とにかく子供の書道用具は子供が自分で洗面台を汚さないで洗える状態になる様に考えないといけないと思います。