2017年の夏を迎えて

いよいよ本格的な夏がはじまりました。さっそく先日行われたマラソン大会でボランティアスタッフをしていたときに熱中症でぶっ倒れましたが、今年の夏にはあるひとつの決まりといいますか、いつもとは違う雰囲気があります。それは毎夕、スコールのように雨が降ること。梅雨時期には「空梅雨」と言われたほど降らずに、気がつけば終わっていたほどですが、本格的な梅雨がやってきたのではと思うほどに今年は夕方によく降ります。昨年の今頃はまったく雨が降らず、畑や田んぼの作物も水不足に陥っていましたが、今年は逆に毎夕雨が降らないことはないというほどに、きっちり降ってくれます。この天気は、学生時代に東南アジアを訪れたときのことを彷彿させるほどです。雨が降らないよりはずっとましであるし、雨が降った後はどんなに暑い日でも涼しくなるのでそれはありがたいけれど、天気予報にはいつどれくらい降るなどの予報がないので、そこが困ったものです。今週末にはまた台風も近づいてきています。夏祭りや花火大会がこれから毎週のように行われる夏休みまっただ中な今なので、極力、花火があがる時間帯など大事な時間には雨が降らないようにとお天道様にお祈りするばかりです。