アメフト危険タックル騒動

連日テレビで放送されている、アメフトの危険タックル騒動。大学の関係者はなにが悪かったかわかっていないので、いろんな人が出てくるとどんどん火に油を注いでしまっています。もはや大学に現状を把握する力も、修復する力もあるとは思えません。

その一方で、危険なタックルをやってしまった選手は誠実さ、賢さが感じられました。このまま大学に残っていても彼に得るものがあるとは思えません。他の大学に移ることも可能でしょうが、試合の時などに元の大学の関係者に会ってしまいます。いっそのこと、アメフト部のある企業に就職して、思いっきりアメフトが出来る環境を整えてあげたらいいと思います。

大学では都合よく大人扱いしたり、子ども扱いしたりされますが、企業なら結果を出すことが判断基準です。社会人スポーツは学生スポーツと異なるでしょうから、得るものも多いでしょう。

そうではなく、大学で学びたいことがあるならば、アメリカの大学への進学が良いでしょう。スポーツを精神論だけで語らず、科学的に学ぶことが出来るからです。

日本のスポーツ選手で目覚ましい活躍をしている選手も多いですが、素晴らしい指導者と言われる人は一握りです。アメフトの本場のアメリカで、正々堂々と戦うと良いでしょう。

ドラマの中だけではなく現実にもあったらいいのに

ヘッドハンターというドラマが最終回を迎えました。

このドラマの最終回の軸になっていたのが、国有地の払い下げに関わる問題でした。

これって現実の世界でも同じことが起きているよね、と思ったのです。

ドラマの中では財務省が舞台で国有地を大幅に値下げし、ただ同然で業者に売り払った。

そこにアミューズメントパークを建設するというものでした。

この国有地には多くのごみが埋められているということで、値下げされたというもので、関わっている国会議員の名前等を削除して、修正をした記録を作成する仕事をしていた財務省職員にヘッドハンティングの話を持ちかけるというものでした。

最終的には関わっていた国会議員の悪事がばらされ、財務省で書類の修正を行っていた職員は転職し、転職をする前に修正をする前の原本をマスコミに公表していました。

不正が行われていたことを世間に知ってもらおうと動いたのです。

国有地をゴミが埋まっているからということで破格の値段で売却をして、という話は現実にもあります。

ドラマだけではなく、実際に修正をする前の原本を公表してくれるような職員がいたらいいのにな、と思ってしまいました。

リアルな話題をドラマの話の中に盛り込むなんて凄いと思いました。

占星術の魅力で寝食を忘れる

趣味で終わらせるか追求するか今それぐらいハマっていることがある。

占星術!

占うというよりは、天体や惑星の特徴を知り、自分がその中でどのように暮らすのがベストなのかというのを自分で知っておきたいと思った。

星座占いというのは気づいた頃には身近な存在で、それまでは単なる占いにしか思っていなかったが、最近、惑星(ほし)の動きがとても注目され、それを意識している人が多い。

確かに、惑星(ほし)の動きを意識していると生きやすい。

惑星(ほし)は自分の力では変えることができないから、変えることができるものだけを変えようとするとすごく楽ちんなのだ。

これがまさに宇宙に従って生きることなのだと思う。

しかし、惑星(ほし)を見るのはすごく難しい。

簡単に今どこにどんな惑星(ほし)があるかは確認できるが、毎日毎日違い、ハウスという場所で惑星(ほし)の意味合いが変わってくる。

そして、それが自分の星座とどのように影響しているのか。

延々調べていられるのだが、これでは食べることも寝ることも忘れ、働くことさえもできない。

もっと知りたいと思うが、知っている人に聞くのもその人の今世の役目なのかもしれないとふと思った。

そう思ったら、私の今世の役目はどんなことなのだろうとまで考えてしまう。

性格上、中途半端に足を突っ込みたくないので、どこで線を引くか。

しかし、これだけ情報が溢れているとついついそこに浸ってしまい時間を忘れてしまうのであった。