私の人生における音楽

私は5歳からピアノを習い始めました。その頃から、私の人生には音楽が日常的なものとなっていました。学生時代も合唱コンクールでは、歌うのではなく、伴奏者を務めることがほとんどでした。高校生までピアノを習いました。

また、高校時代はよくカラオケに行っていました。いつも同じ曲を、同じメンバーがいる中で歌って、他のメンバーは既に呆れていました。大学生になり、自動車の運転免許証を取って、友人とよくドライブに行きました。

ドライブのときは、いつも音楽をかけてノリノリでドライブを堪能していました。季節に合った曲を選び、その曲をかけていました。夏には海など、冬は雪などがテーマとなっている音楽をかけてドライブをしていました。

会社員になった今でも音楽は私の人生の一部となっていて、普段も音楽をかけて食事を作ったり、ドライブに行ったりしています。好きな音楽聞いていると陶酔し、一人で移動しているときは、常にヘッドホン装着しています。私の中で、音楽というものはかけがいのないものとなっています。

音楽「も」人生を豊かにする場合はあるのではないかと思っています。音楽を聴いている「だけ」で人生が豊かになるわけではないですが、やはり私の中では音楽は大きな存在となっています。いろんな経験をして、泣いて笑って悔しい思いをして楽しい思いもして、そうやって一生懸命がんばって生きていく中で音楽に出会うことで、歌詞やメロディに共感を覚えたり、癒しになったり、楽しい場をもっと盛り上げる役目を持ったりしていくものだと思います。

現実逃避ととられるかもしれないけれど、音楽を聴いているあるいは演奏しているときは自分の全てをそこに集中できます。そうすることで理不尽な現実を耐えねばならない日常生活とバランスをとっているのだと思います。私にとっては、要するに音楽は精神安定剤のようなものだと思います。これからの豊かな人生を送るのに助けとなるものとなっています。

パイシートで簡単におやつ作りー♪

きのう親戚にりんごをたくさんもらったので、クックパッドを使ってアップルパイを作ってみました♪

真っ赤なきれいなりんごちゃん達♪

アップルパイは生地から作らないといけないのかなー(T_T)と思いきや?!

冷凍食品のコーナーでパイシートが売ってあるそうです♪\(^-^)/

パイシートは一袋に4枚入りのもの♪でも1袋では足らずに…2袋ゲットして、買いましたよー♪

生地はカットして棒で伸ばしたりして好きな形にできてめちゃめちゃ簡単に土台が完成っっ\(^-^)/

リンゴを砂糖とハチミツとシナモンでグツグツと煮てからリンゴのコンポートを作ります☆

コンポートだけでもおいしそうで、思わず味見っ( ^ω^ )♪

そのあと、パイ生地にバラのように並べてメッシュ柄のようにパイで包んで卵黄をはけで塗り塗り♪

そして、180度のオーブンで20分焼きます♪

ワクワクして、オーブンの前でじっと見つめちゃいます☆( ^ω^ )

匂いがもうたまらない( ^ω^ )♪

パイ生地が余ったので細長く切って、はちみつ、シナモンを振りかけて焼いて、なんちゃってチュロスができたー\(^-^)/

もっと色んな味を作ってみたいなー☆

早く食べてほしいから

親戚のおうちに持っていきまーす\(^-^)/♪

ではまた☆

現代のインターネットは万能でなんにでも使える!

私は、小学生のころからインターネットというものに触れてきました。

私が初めて触れたネットの世界というものは、今のように動画やSNSで賑わっているわけでもなく質素なものでした。

小さなブログのようなものがいくつかありそこの中から自分の関心のある記事を見つけていました。

今の時代は、そのころ考えることができなかったくらい技術が発展していて驚くばかりです。

例えば、一般家庭には高速通信が実現できる光ネットワークが引かれていて、簡単に家で動画を観ることができます。

私のころは、画像を読み込むだけでもかなりの時間がかかってしまい、あまりネットはインタラクティブなものではないなと思っていました。

今ではそのような事もなくなり、youtubeなどの動画サイトをストレスなく快適に観ることができています。

また、生活を便利にするサービスがぞくぞく登場しています。

例えば、ネット通販をするときに商品の比較を自動的にしてくれるサイトがあり、おすすめの商品を教えてくれます。

そして、商品を購入するとご丁寧に今荷物がどこにあるのか、そしていつ届くのかをしっかりと教えてくれます。

商品の支払いは、コンビニでできるようになり大変便利な時代になりました。

今の時代、様々な端末がインターネットに接続されていてネット上から1クリックで操作することができるようになっています。

そんな便利な時代を自分なりに表現してみると、まるで自分専用のコンシェルジュサービスが無料でついてきているように思いました。

人間楽してはいけないと昔の人はよく言いますが、今の時代やはり楽できるところは楽をしたほうが良いと思っています。

人と時代とともに進化してきたインターネットもちろんこれからも進化していくと思います。

その中には、自分にも想像できないような素晴らしいサービス、機能などが搭載されていてもっと便利な世界になっているのかもしれません。

そんな快適なインターネットライフができるように今日も元気に働きます。

思い出に残る素敵な結婚式に出席

先週、妹の結婚式に参列してきました。

朝は6時と早かったけど、親族バスなので子供たちはうとうと。妹に会うのは久しぶりです。1つ下の妹とは仲が良いときは凄く良く、悪いときは何ヵ月も口を聞かないという仲です。大人になってからは喧嘩はさすがにしませんが…

実は前撮りにも同行した私。主人にはびっくりされたけど、それほど楽しみであり嬉しいことなんですね、姉妹の結婚って。

式場に着くと、母や私は着付けに。普段は結婚式はワンピースだけど、親族の結婚式なので着物です。結婚式に参列するのも久しぶりだし、親族の結婚式は更に久しぶりです。少し緊張もしつつ式が始まりました。

実は緊張には2つの理由があって、1つは娘がフラワーガールをすること。まだ2歳になったばかり、本人も緊張(してるのかな?)、親も緊張。もう1人のフラワーガールをした子は娘より2つ年上の女の子。お姉ちゃんがいて安心したのか、なんとか役目を果たしました。ええ、花びらはまかずに、ダッシュで通り過ぎたけれど…

式も無事終わり、会場を変えて披露宴は華やか。父や母も一緒にケーキバイトをしたり、友達のスピーチなど進行していきます。料理も美味しくって写真撮影もそこそこに親族席は盛り上がっていました。でも、私はまだ緊張しています。そう、もう1つの緊張が近づいていたので。

妹がお色直しで退席するとき、私と一緒に退席したいとお願いされていたんです。普通は、母親と退席したりするもんじゃ…と思ったけれど、断る理由もないので承諾。(因みに新郎は弟と退席)でも、緊張しますね~しかも、前に出たら、お姉さんから妹さんにも一言!って。緊張しすぎて何を喋ったのか覚えていません。

私の役目も終わって、残りの披露宴は余裕を持って楽しむことができました。娘にとっても初めての結婚式。記憶には残らないかもしれないけどとても楽しんでいました。父も母も嬉しそうだったし、何より幸せそうな妹の姿を見れて私も嬉しかったです。ちょっと、自分のときの結婚式も思い出し懐かしい気持ちの1日でした。