我が町内も建て替えの家が多くなりました。

私の町内も造成されて家が建つようになって、もう40年近くなります。

私の家も大体同じくらいです。

その頃は建蔽率が40%、容積率が60%でした。

そのため比較的余裕があるたたづまいでしたね。

その頃はまだ駐車場は1台収容のことが多かったです。

その後不動産の造成業者は建売に転じました。

1年に10数棟づつの売りだしです。

そのため年齢の構成は結構バランスが全体では取れていましたね。

1編に売りださなかったので、1編に年を取って行かない構成です。

そのため小学校もいつでも若い子供が通っています。

そこのブロックによって年よりの多い地域と若い世代のブロックに分かれています。

若い人の所はもう駐車場は2台です。

その代わり庭がちょっと狭くなりました。

また建蔽率も50%に、容積率も80%になりました。

そのため結構大きい家が多くなりました。

若い人がいると活気がありますね。

庭も生垣にも花が多いです。

しかし最近は古くなった家は耐震工事をするところもあります。

またお年を召して引っ越していく人もいます。

息子さんとかと一緒に住むためだとか。

また築40年くらい経つと立て直す家も多くなりました。

2世帯住宅も多くなりました。

また不動産屋さんに売っていく方もいます。

すると工務店によっては、1戸の所に2戸建ててしまうのもあります。

しかしこれは違法ではないのでしょう。

ほとんど家と家がくっついてしまい、庭はほとんどありません。

このようにしないと売れないし、また買えないのでしょう。

まあ仕方がないのだと思います。

これも時世でしょう。

私の町内もちょっとづつ変わっていくことでしょう。

まあ町内や公園に子供の声が聞こえるのはいいものだと思っています。

毎日喧嘩しながら遊んでます

もうすぐ3歳と2歳になる息子は本当はとっても仲良しですが、毎日喧嘩が絶えません。

必ずどちらかが泣いています。

喧嘩の原因はいつもおもちゃです。

同じ遊びをしたいから取り合いになってしまうからです。

喧嘩するほど仲が良いという言葉よく似合う2人。

喧嘩してもすぐにくっついて遊び、また喧嘩するの繰り返しです。

今日も喧嘩をしていました。

とても大声で騒いでいてうるさかったので、下の子に優しく仲良くしてねと話した途端、お兄ちゃんにギューっと言いながら抱きついて、お兄ちゃんも弟のことをギューと抱きしめてくれました。

そのあとはしばらく仲良くしてくれて、1つのコップに2つのストローをさして一緒に飲んでみたり、お兄ちゃんが弟に絵本を見せてあげたらと続きました。

優しいお兄ちゃんに大満足な弟だったようです。

おやつの時間、いつもなら弟がおやつを独り占めをして喧嘩になるところですが、お兄ちゃんのお皿にたくさん入れてあげて、どうぞと渡してあげていました。

喧嘩もいっぱいするけれど、優しくしてあげることも出来る2人を見れて、とても癒されました。

朝はまた喧嘩だらけになるかもだけど、大きくなっても仲良くしてて欲しいなと思います。

白か黒かの性格

私の性格は白黒はっきりしている性格です。だから好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとはっきり言ってしまいます。年齢的にはもうすぐアラフォーだし大人げないかもしれないけれど、最近の大人は子供っぽい人もいると思うのでいいと思ってます。

だって、嫌いなものを嫌いって素直に言えないなんてなんて不憫なんだろうと思ってしまう。はっきり言ってそれがストレスの元なんだと思います。物事はっきり言ったっていいとおもう。嫌いなのに無理やり好きになる必要もないし、好きなものを嫌いと言わなくていい。

周りに合わせないといけないなんて考えただけでぞっとする。自分の個性を殺してまで人に合わせる必要ないし。自分だって大切にしていいと思うし。人の意見に振り回されるのも嫌だし、世間一般という考え方自体がとてもいや。私は私の思うままに生きていいはず。

それくらいにしか思ってないから。それくらいがちょうどいいと思うし。世間一般と同じ考え方してたらいつまでたっても自分自身の成功はない気がしているの。自分自身の成功は自分の中にしかないと思うし。私は世間一般という枠がとても嫌いです。私なりの人生を生きるためには人は人、自分は自分と割り切って生きたほうがいいと思っています。

アメフト危険タックル騒動

連日テレビで放送されている、アメフトの危険タックル騒動。大学の関係者はなにが悪かったかわかっていないので、いろんな人が出てくるとどんどん火に油を注いでしまっています。もはや大学に現状を把握する力も、修復する力もあるとは思えません。

その一方で、危険なタックルをやってしまった選手は誠実さ、賢さが感じられました。このまま大学に残っていても彼に得るものがあるとは思えません。他の大学に移ることも可能でしょうが、試合の時などに元の大学の関係者に会ってしまいます。いっそのこと、アメフト部のある企業に就職して、思いっきりアメフトが出来る環境を整えてあげたらいいと思います。

大学では都合よく大人扱いしたり、子ども扱いしたりされますが、企業なら結果を出すことが判断基準です。社会人スポーツは学生スポーツと異なるでしょうから、得るものも多いでしょう。

そうではなく、大学で学びたいことがあるならば、アメリカの大学への進学が良いでしょう。スポーツを精神論だけで語らず、科学的に学ぶことが出来るからです。

日本のスポーツ選手で目覚ましい活躍をしている選手も多いですが、素晴らしい指導者と言われる人は一握りです。アメフトの本場のアメリカで、正々堂々と戦うと良いでしょう。

ドラマの中だけではなく現実にもあったらいいのに

ヘッドハンターというドラマが最終回を迎えました。

このドラマの最終回の軸になっていたのが、国有地の払い下げに関わる問題でした。

これって現実の世界でも同じことが起きているよね、と思ったのです。

ドラマの中では財務省が舞台で国有地を大幅に値下げし、ただ同然で業者に売り払った。

そこにアミューズメントパークを建設するというものでした。

この国有地には多くのごみが埋められているということで、値下げされたというもので、関わっている国会議員の名前等を削除して、修正をした記録を作成する仕事をしていた財務省職員にヘッドハンティングの話を持ちかけるというものでした。

最終的には関わっていた国会議員の悪事がばらされ、財務省で書類の修正を行っていた職員は転職し、転職をする前に修正をする前の原本をマスコミに公表していました。

不正が行われていたことを世間に知ってもらおうと動いたのです。

国有地をゴミが埋まっているからということで破格の値段で売却をして、という話は現実にもあります。

ドラマだけではなく、実際に修正をする前の原本を公表してくれるような職員がいたらいいのにな、と思ってしまいました。

リアルな話題をドラマの話の中に盛り込むなんて凄いと思いました。

占星術の魅力で寝食を忘れる

趣味で終わらせるか追求するか今それぐらいハマっていることがある。

占星術!

占うというよりは、天体や惑星の特徴を知り、自分がその中でどのように暮らすのがベストなのかというのを自分で知っておきたいと思った。

星座占いというのは気づいた頃には身近な存在で、それまでは単なる占いにしか思っていなかったが、最近、惑星(ほし)の動きがとても注目され、それを意識している人が多い。

確かに、惑星(ほし)の動きを意識していると生きやすい。

惑星(ほし)は自分の力では変えることができないから、変えることができるものだけを変えようとするとすごく楽ちんなのだ。

これがまさに宇宙に従って生きることなのだと思う。

しかし、惑星(ほし)を見るのはすごく難しい。

簡単に今どこにどんな惑星(ほし)があるかは確認できるが、毎日毎日違い、ハウスという場所で惑星(ほし)の意味合いが変わってくる。

そして、それが自分の星座とどのように影響しているのか。

延々調べていられるのだが、これでは食べることも寝ることも忘れ、働くことさえもできない。

もっと知りたいと思うが、知っている人に聞くのもその人の今世の役目なのかもしれないとふと思った。

そう思ったら、私の今世の役目はどんなことなのだろうとまで考えてしまう。

性格上、中途半端に足を突っ込みたくないので、どこで線を引くか。

しかし、これだけ情報が溢れているとついついそこに浸ってしまい時間を忘れてしまうのであった。

最近始めた新しい趣味

最近、少し時間に余裕が出てきたので新しくなにかを始めたいなと思っていました。

育児の合間にほんのちょっとできること、、

そう、家庭菜園!

ただでさえ子どもを育てているのにまだ何かを育てたがる自分の心に少しびっくりしましたが。笑

家庭菜園とはいっても賃貸アパートで畑などないためベランダで気軽にできるもの。

鉢、土、種、最低でもこの3つがあれば始められると思い、いそいそと買ってきました。

そして最初から高いものに手をだして失敗したらすぐ諦めてしまう自分のことだから、手軽に購入できる100均で購入。

(本当にちょっとした挑戦)

買ってきてすぐ鉢に土を入れ、ろくに説明も読まず種をポイポイっと。

そしてまたしても適当に水をジョボジョボと。

今回初心者でも育てやすい”二十日大根”を植えてみました。

翌朝、、特に変化なし。

昨日植えたときの状態と何ら変わりない感じでした。

しかし2日目!

なんだか緑の芽がところどころちょっと出てきてるような。

適当にしてたわりには結構気にしていたので希望の光が見えてきた感じがしました。

そして、3日目4日目と日にちを重ねるごとに芽がどんどん伸びてきました。

こんなに簡単にできるならもうすこしましにやれば良かったなとはおもいましたが。

二十日大根さすがです。

まだまだ収穫できるほど成長していませんが、これからも続けていきたいなと思います。

本格的に新しい趣味になりそうです。

猫の医学書を発見しました。

みなさんこんにちわ。

気持ちの良い晴れの日が続きます。

春の連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は猫が大好きです。

このお休みはゆっくり出来たので、一緒に過ごして読書をしていました。

今回はその猫に関する本で研究です。

猫好きなら愛猫をなるべく健康で長生きさせたいはずですよね。

猫の医学書を見つけました。

これはもう飛び付いて、早速購入して家で読書とカフェタイム。

医学書があったなんてちょっとビックリです。

猫はマタタビが好きなので何の気なしにあげていましたが、その本によると長生きの秘訣にもなっていたそうす。

新しい発見ができました。

この本を読んでみて良かったですし、これからも役にたちそうです。

それから最近、本屋さんでは猫の漫画もブームのようです。

猫は暮らしのなかでおもしろい仕草をしてくれるし、感情もあります。

ですから日々一緒に過ごして愛情が絶えません。

一口に猫と言っても性格が様々です。

本などで他の家の猫と、自分の家の猫の性格の差に驚くこともしばしば。

確かに漫画のネタになりそうな事もたくさんやってくれます。

うちの猫はドアを開けるし、きちんとお手もするので賢い方だと思っています。

(親バカならぬ猫バカなのですが。)

ではまたね。